TEAM海遠隊

釣行記

初遠征2017/3 三宅島

初遠征2017/3 三宅島

メンバー:山田、夏子

2016年12月(>_<)指の骨折から久々の遠征
「暑さ寒さも彼岸まで」
少し早い三宅島ですが遊んで来ました🎵

島の釣友 加藤さんの情報では時化続き前線の通過など不安定な天気
これと言った獲物も島内から聞かないとの事

今回はエースと遊びながら温泉でゆっくりと
リハビリ兼ねての遠征です(^_^;)





1日目
加藤さんの新しい車をお借りして堤防へ



まだ少し寒く北西でしたが風も弱まり先端へ釣り座を

今年初の獲物はエース 尾長でスタート

朝から順調にエースと遊べました



エース(尾長)は32~40がレギュラーで30以下は全てリリース
昼前にはムロアジが湧いて 釣れたムロに青物がバイトするシーンもあり
その他、サバ、ウスバハギ、ササヨ、など竿が曲がるだけでも御の字です(^^♪

夕方には潮の動きもよくなりエースが食いだした
そして久々のジャンボイサキも仕留めました(*^^*)

この堤防では今年初のイサキだそうですΣ(゚Д゚)



頭は
エースが40
イサキが41
ウスバが58
ムロは38
サバは35





70の枠に入るウスバ ハリスとウキがボロボロ、、

 

夜の反省会には
釣友のキャプテン川島
伊ケ谷の主 加藤さん
宿とほか美の女将さん
尽きない話を遅くまで
三宅島はこのレトロな感じが和むw(^○^)





タカベの塩焼きは最高!!



釣りムロアジの刺身(^^♪ 急いで捌いたので漁師盛りで

 

 

2日目は
朝からサバ、ムロ、、、
8時ころ潮が動いた時からエースが





八丈島で使用する鉄カゴでコマセ大盛りに

すると
嫁さんが( ̄□ ̄;)!!
「何か引きが違う?」と騒ぎ始めた
覗くと平打ちしながらキラキラする奴が

サビレでも貴重なシマアジ
タモで確実に‼



シマアジもこの堤防では今年初物だそうです (^_-)-☆


コマセを絶やさず打ち込むが
8~900gクラスを8枚仕留めた所で群は終了(>_<)

二人では止められない、、



その後は初日と変わらずで納竿
ふるさとの湯で疲れを癒し

いざ、反省会へ

酒の肴には
明日葉とムロアジの天婦羅
エースは刺身で





はんば海苔飯が旨い!


他の獲物は島の皆さんの食卓へ

勿論、シマアジは私のお土産ですけどね(^^♪

 

3日目は
久々の遠征で体か痛い(>_<)2日間×12時間の釣り・・
昨日の釣果情報で朝から堤防は釣り人で大賑わい(ーー;)
手前で竿を出すもムロ、ムロ、エース、、ウスバんの連鎖
早目に切り上げ島の釣人と情報交換

 

終わってみれば予想外の釣果に嫁さんも大満足(*^^*)
今年初の遠征、楽しい3日間でした🎵

島民の皆さんありがとうございました





次回は5月にジャンボイサキとエース狙いで
海遠隊の仲間と三宅島遠征予定です

私はキャプテン川島と新しい船で大物狙い!
三本周りスタンディング泳がせ釣り参戦予定です(^-^)v

2016年 海遠隊八丈島遠征第一陣

2016年10月 海遠隊八丈島遠征第一陣

10/27~31

中潮~大潮

メンバー:山田、紺野、古郡、袖山

ゲストメンバー:名取さん、野口さん

 

黒潮南下と共に今年もこの時期がやってきました!

秋の八丈島オオカミ退治!!

今回はゲストメンバーも含め6人での釣行となりました。

 

27日夜、竹芝から橘丸へ乗り込み夢の八丈島へ向けて出港

 

翌朝、毎回お世話になっている宿アサギクさんへ行き早々に準備を済ませ八重根の堤防へ

 

釣り場は予報通り雨に爆風の大荒れ

それでも先端は島の釣り師の方々がシマアジ狙いで満員

 

海遠隊メンバーも各々竿を出し実釣開始

 

シマアジのアタリは出るものの口切れ多発でなかなか魚を手にすることができません。

 

時折かかってくるのはツムブリや小アイッパラなど愉快な仲間たち

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初日はこんな感じでシマアジの顔を見ることなく終了。

 

夕方は、亡くなった山崎さんの所へお線香をあげに

真由美さん、ありがとうございました!

23

 

二日目

朝から土砂降り

しかも西寄りの風で八重根はやり辛い状況

早朝から出勤前に古河原さん、中島さんの八丈の名人釣り師二人がアサギクへ遊びに来てくれました♪

 

お昼近くから風が弱まる予報なので7時ごろのんびり出発

八重根につくと悪天候にも関わらず先端は島民釣り師がシマアジを狙って満員状態

しかも私たちが到着するやいなや次々と竿を胴まで曲げている

シマアジタイム到来

準備をし仕掛けを投げるが時すでに遅し・・・

時合終了

それでもぽつぽつは当たるが口切れ。

古河原さん、中島兄弟も参戦して堤防は大賑わい

一便で到着した野口さんも合流し皆でバンバンコマセを撒きます

 

そんな中、副会長紺野さんが今回初、待望のシマアジ捕獲!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それからすぐに古郡さんもシマアジを捕獲!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

袖山も同じラインを流すが何故か・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

二日目は小振りながらなんとかシマアジの顔だけは見ることができました。

夜はお決まり反省会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

三日目

窓を叩く激しい雨音と前日までの疲れで重い腰が上がらなく、皆二度寝。

野口さんが一人、八重根偵察に行くと先端は何人かいるとのこと!

遅れながら山田さん、名取さん、袖山も出発!

前日にサビレを獲った2人は余裕の居残り・・・(笑)

この日も前日と同じ時間からシマアジフィーバー!

山田会長は堤防横側でバンバンとシマアジを掛けてます!!

島民のテルさんも竿を曲げてます!!

八重根の先端はダブル、トリプル当たり前の入れ掛かり状態!!

時折、竿が立たない大型サイズまで掛かるがテンション切れに口バレで獲ることはできず。

島民の方々もシマアジを掛けまくり!

中島さんもシマアジを仕留め!

古河原さんは良型のアイッパラを仕留めた!

 

段々と雨と風が勢いを増してきた為、宿へ退避。

 

その後一息ついて八重根に戻るも、とても人間が立てる状況ではないため再びの撤収。

全員で島ラーメン屋へ

 

 

そして・・・

 

 

本日飛行機欠航。。。

 

延泊決定・・・

 

朝一釣りできる・・・

皆心でそう思う? 願う?(笑)

 

この日の夜は古河原さん、中島さんから宴会のお誘いを頂き

中島さんのご自宅で島のおもてなし料理を堪能させてもらいました♪

アイッパラの握り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シマアジとアイッパラのお造り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

などなど、豪華な島料理フルコース!

 

そして一足早いハロウィン?

堤防では決して見れない古河原さん(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

八丈での釣りの話や島ならではのカゴ釣りの技など、普段聞けないようなお話を直接聞くことができとても貴重な時間でした。

古河原さん、中島ファミリーの皆様、本当に素敵なおもてなしありがとうございました!!

奥様ご馳走様でした(^◇^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

四日目

欠航で想定外の四日目

今遠征一番の釣り日和

朝3時に起床し八重根の堤防へ行き夜明けを待つ

段々と辺りが明るくなりはじめ島民釣り師たちも続々と集結

そして本日も早朝より低堤シマアジ祭りの開催!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時合と共に何人もの釣り師が同時に竿を曲げ、タモの順番待ちもしばしば

海遠隊メンバーも次々と竿を曲げシマアジを獲っていきます!

この日は型がよく釣れてくるのは2キロ前後が主体!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゲストメンバー野口さんは早々にシマアジを釣り上げ一便で羽田へ

紺野さん、名取さん、袖山は二便で

36

山田さん、古郡さんは最終便での戻りとなりました

35

 

天候に悩まされましたが、メンバー全体でシマアジ26本という好釣果を出すことができました!!

 

東京から南へ287キロ

太平洋に浮かぶ亜熱帯の島、八丈島

島の人たちの温かさ、海の豊かさに触れ

とても勉強になる素晴らしい遠征となりました。

今回お世話になりました島の皆様、心よりありがとうございました。

37

2016年秋

2陣、3陣へ続く

 

キハダマグロ40キロ! 陸ッパリ

海遠隊メンバーのR君

2016/9/16

陸っぱりでモンスターを仕留めました!
駿河湾の陸で独り格闘

キハダマグロ40キロ!

自慢の道具は


ロッド :アブ ソルティーステージショアジギング sxjc-1002xx100
リール:ダイワ キャタリナLD30
ライン:PE6号280m
スペーサー: イソハンター15号5m
リーダー:ナイロン20号10m+ナイロン60号70cm
ルアー:シンキングペンシル18cm

 

このスペックで40キロを獲るとは、、

いや、獲る気で攻めてました(>_<)

ファイトは1時間以上

足場の悪い中、孤独で体力限界の戦い

リールも壊れたそうです

驚きました(>_<)

真剣にマグロを獲る気で攻めたR君

おめでとうございます(‘◇’)ゞ

23259 23313

 

佐渡島  大マサ狩 2016/6・4~6

佐渡 大マサ狩

6/4~6 初の佐渡ヶ島への遠征釣行。

メンバー 紺野(とち) まこっチャン

作成:まこっチャン


1日目!


深夜、海遠隊 副会長とちさんと合流し自車で新潟港へ向け出発。
朝一便目のフェリーにて新潟港より出航、初めてのカーフェリー乗船でテンションが上がる!

image1

まこっチャン

image2

エントランス

image3

展望ルーム

image4

釣り人の荷物も…

船内を探検してる間に2時間半程で佐渡ヶ島両津港へ到着。
乗船時は船後方から下船は前方から。
ハッチが開き船内に光が入り気分はホワイトベースから発進する
『カタパルト装着OK!アムロ、ガンダム行きまーす!』的な感じ!




下船し早速、島の北側を目指し出発。
今迄行った島の中でここはかなり大きく暫く走っていると自車で来ている為になんだか遠征な気分では無くなってくる…
目的地の渡船屋さんまで2時間ほどのドライブ。
街を過ぎ、山を越え、海に出て海岸線をひたすら走る。
ふと気づけば信号が無い!

image5

11時、ようやく小さな港に着き支度を済ませいざ磯へ!

今迄乗った事の無い位コンパクトな和船で出航する事5分。
直ぐに到着し渡礁、移動中船長よりまだトビウオは入って来ていないが最沖の磯で今朝ワラサが15本キャッチされたと聞く。
本命以外も何かしら有ると期待しタックルをセット。
ホンダワラがそこら中に漂っているが…

image6

日本海へいざキャスト!
日本海へいざキャスト!
日本海へいざキャスト!
日本海へ…
キャスト

…

…

。


時刻は午後4時何も出ない。
無念の磯上がり

まぁ、まあ、初日。
場所も目当ての地域からかなり北に来ている。
明日に期待し本日の宿へ向かい40kmの道のりを南下~

1時間位で宿に到着し宿の施設説明を聞いた後近所の地磯ポイントを教えてもらい夕飯の時間まで1時間勝負!


image7

再び日本海へキャスト
日本海へ…
 
あっと言う間にタイムアップ、で夕飯へ。

image8

食堂で宿の店主が挨拶と釣果を聞きに来ましたがここで問題発生!
翌日渡船予定でしたが風が強く渡船出来ないと店主より…。

船が小さく2~3mの風、ちょっとのウネリでも渡船が出せないとの事…

明日の予定していた渡船ができない。
地磯のポイントも1ヶ所しか分からず更にそこは人気ポイント。
いやぁ困った~。

北の渡船はベイト無し、ワラサは出たらしい。
近所の地磯はヒラマサ出たらしいが入磯ルートが分からない。
さぁどうする、、、、。



2日目

色々悩んだ末、情報の無い未知の磯を探して時間をロスするより
トビウオはまだだが北側の渡船で長く釣りを出来る方を選択。

出船は5時との事。
昨日よりは沖側に上がれるという事なので期待度も上がる!
港を出て十数分で到着。


image9

昨日よりは潮の流れも有り雰囲気は良さげ。


早速タックルをセット!
とちさんはベイトタックル、私はスピニング。


image11

トビウオの気配は無いが昨日と違いいつ出てもおかしくない感じだ。
沖側には根が点在している、磯の足元は全体的にオーバーハングしており
磯際まできたら何処でも潜られてしまいそうな地形。
取り込み場所を考慮し2日目

日本海へいざキャスト!

先ずはピンク系のトップから
1投目!
2投目!
3投目!
4投目!
5投目!
6投目!
7投目!


アクションを変え
カラーを変え
ルアーを変え
サイズを変え
レンジを変え
場所を変え
方向を変え
タックルを変え

とちさんは足元をびしょびしょにしながら右側の磯へ


image10

日本海へキャストし続けたが
時刻は午後4時…

無念の磯上がり。

image12

2日目もノーチェイスに終わった。
またまた40kmの道のりを南下して宿に帰還。

タックルを洗ったのち食事前に入浴。
ちょっと熱めのジェットバスに浸かりながら窓の外のマジックアワーの尖閣湾を見て心と身体の疲れが癒される~

2日の夕食(写真は忘れた)
食堂で隣の席に座っている新潟から来られた2人組の方と釣り談義で盛り上がり気がつけば食堂には我々のみ…
時間も遅くなり翌日の作戦会議を終わらせ地磯ポイントを教えてもらい本日はお休みなさい。




最終3日目


3時に起床し準備を済ませ出発!
車で15分位で一つ目のポイントに到着、しかし既に車が3台止まっていたのでこの場所は捨て。
更に車を走らせると昨夜教えてもらった場所での新潟からの2人が準備中、同行をお願いし入磯。
ルートを間違えない様に巨大な岩の割れ目を渡りながら下へ下へ。かなり急斜面で先が見えない…
足元に注意し歩く事約15分、無事到着。
磯極は割と開けて這い上がる様な地形だ、実績の有るポイントだけに気持ちも高ぶる!


image13

開始早々トビウオも確認。
更にテンションが上がり4人で投げる。
暫くすると40~50m先でボイルを発見、デカイ!かなりデカイ!ヒラマサだっ!
射程圏内、テンションmax!
鼻血か出そうなくらいの大興奮!!!
それを目掛けてキャスト!
ドキドキ、巻き巻き、ドキドキ、巻き巻き…
うーーーん当たらん(汗)

もう、いっちょ~
ドキドキ、巻き巻きドキドキ、巻き巻き…

…

ん~残念~


しかし、チャンスはまだ続く!

右側の磯に乗った新潟からの方にはチェイス、惜しくもフッキングまでには行かなかった様子!

いる、居る、今日は居る!
いよいよ今日がXデーだと信じ再びキャスト!

すると副会長とちさんにチェイス!

がこれまたフッキングせず…

その後も帰りの船の乗船に間に合うギリギリまで投げ続けたが魚の気配も無く無念のタイムアップ。
 再び両津港へ


image14

帰りの船は行きより先輩の様だ

image15

船首からの乗船、こんな感じに開くんだ!

image16

image17

2泊3日の佐渡遠征はここで終了です。


image18
image19

カモメと鷹が見送ってくれました。

今回はポイントも何も分からず期待度だけで初めて佐渡ヶ島に渡りまぁまぁ冷静に考えればこの様な結果で当然だったのでしょう(泣)
しかし、実際に行ってみなければ状況も分からないので今回は次回に繋がる良い経験でした。
また来年になると思いますが諦めずにチャレンジしたいと思います!!


image20

因みに
新潟~佐渡~新潟の航路は
国道350号線らしい…

佐渡ヶ島、まだまだ金山の鉱脈が残っているとか…

大マサも金山も…

正に一攫千金の島だ!!
 

 

海遠隊in三宅島 5/20~5/22 遠征釣り大会 !(^^)!

海遠隊in三宅島 5/20~5/22
遠征釣り大会 !(^^)!

Youtubeに公開されました



★チキチキ!出るか50・60よろこんで
初夏の三宅島遠征釣り大会
エース vs シマアジ vs イサキ
目方でド~ン!

エース、シマアジ、イサキ、各1枚の最大重量で競います

TEAM海遠隊全員参加(^O^)

強風の中開催された遠征釣り大会!

高級大型外道も連発!

三宅島の大自然の中で海遠隊が競い合う

ジャンボイサキは?
オオカミ少年は??
エース60は?!!!

勝利者は誰だ!!

三宅島遠征 まこっチャン覚醒!

2016年4月 三宅島遠征

 4/16・17・18

 長若潮

 メンバー:山田・まこっチャン

 

3月の中頃、メンバーのソデさんが三宅島へ

その釣果を見た私達は

予定には無いがまこっチャンと三宅島遠征を緊急計画!

天候が微妙だが まこっチャンの久しぶりの遠征なので気分は上々(^^♪

ニコニコなので~す☆

DSC_0508

しかし、八丈島は行くが 三宅島と御蔵島はスルー?かも、、

DSC_0506

船内では前祝

DSC_0509
今回、まこっチャンは橘丸デビュー戦です

海が荒れる予報だが意外に船は問題ない

S__19873807

最新の携帯カメラ用レンズを装着して試し撮り

やはり空いてる船内は個室のようです心地よい

気持よくなったところでご就寝25:00 そして4:00起床

 

◆1日目

三宅島は錆ヶ浜へ無事着岸

釣友の加藤さんと合流して宿へ

挨拶も終わり早々に釣り場へ

西南西の風で少し被り気味だが安全を確認し竿を出す

釣友の加藤さん川島さんも合流

竹芝から同じく乗船し三宅遠征のイナバさんも同じポイントで合流

4179489545840

天候の影響か釣り人は少なくエースの食いは渋い

20~35のエースが遊んでくれるが45~が狙いなので全てリリース

イサキは夜がメインらしい

風の影響で狙うポイントは厳しく

風を避けて投げる

後から来た島民釣り師が島カゴでサビレ(シマアジ25~35くらい)を1枚!

(^^♪ 居ると解ればこちらの工夫次第です☆

早速、手を変え品を変え攻める攻める

 

来ました~~!

DSC_0513

ウキがポコポコと揺れて す~~~と入る

DSC_0514

まこっチャンも上機嫌です ♪

このサイズのサビレでも十分に引きを味わえる

シマアジの強い引きにまこっチャンも覚醒!

ヒットする度に「これはデカイ!サイズアップだ」と騒ぐまこっチャン

だがサビレは永遠と続く、、、(笑)

 

2人とも竿が固すぎてバラシ多発

シマアジやイサキは合わせ厳禁!

だが、ついつい合わせてしまう

口が裂けて当然です

それでも楽しみながら10枚~捕獲(#^.^#)

S__19791892

他にも美味しそうなゲストが釣れる

DSC_0516

S__19873811

トビウオはこの時期デカイ 塩焼きや天ぷらも旨い!

DSC_0515

カワハギはお土産に

DSC_0520

初日は夕刻まで楽しませてくれました

夜釣りも考えましたが天候と安全を考慮して宿へ

今夜~明日、明後日は天候が悪い情報、、、

 

夜は宿、とほか美で島の料理を堪能する

DSC_0525

明日葉料理を堪能し、亀の手の味噌汁、筍ご飯、トビウオの塩焼き、天ぷら などなど

DSC_0540

DSC_0534

島の旬が盛り沢山~~!

楽しい反省会は続く・・・・

 

◆2日目

ウネリと風で厳しい

風裏のポイントで投げるがエサ取りと愉快な仲間たちのみ

ウネリも増えたので昼で納竿

昼飯は三宅島のラーメン屋さん「とんとん」へ

DSC_0528

凄いボリュームです(>_<)

DSC_0526

その後は買い物と

ふるさとの湯・温泉でのんびりと

DSC_0523

後は宿に戻り反省会は続く・・・・・

 

翌朝は着発(天候不良で船が三宅で折り返すこと)の恐れがあるので

最悪のシナリオを考慮して釣り道具をまとめてスタンバイ

着発ならば早朝に乗船しなければ、、

 

◆3日目

残念ながら着発です(>_<)

離島でのリスクは承知の上

少し遅れた9:00に出港予定

DSC_0542

DSC_0544

もう1日泊まる??

と思案するがそれは無理な相談です

哀愁の まこっチャン

 

今回の遠征はエース狙いでしたが

運よくシマアジの群れに当たりラッキーでした

まこっチャンも最近はヒラマサ狙いがメインなのですが

今回は久しぶりに

カゴ釣りでの仕掛けや釣り方を工夫して

獲物を仕留めると言う経験ができたので大満足でした(^_-)-☆

釣れても釣れなくても

釣りの経験は宝物ですね !(^^)!

 

※経験を活かさないと宝の持ち腐れですよ、、、

DSC_0545

もちろん!

帰路も反省会は続く・・・・・・・

でも、反省が足りないかも、、、、、、

 

 

 

おまけ

シマアジ料理

DSC_0500

DSC_0510

DSC_0504

DSC_0511

DSC_0530

DSC_0537

 

次回、お楽しみに(#^.^#)

 

愛媛遠征真鯛狩り

2016年4月愛媛遠征

 4/9・10

 大潮

 メンバー:ソデ・ソデ嫁

 

数年前からソデ撒きくんを通じて交流がある愛媛のカゴ師高橋さん

毎年愛媛への遠征のお誘いを頂いておりましたが、2016年の今年、念願叶って愛媛遠征をすることとなりました。

狙いは愛媛県の県魚でもある真鯛!!!!
高橋さんは磯のブリ、大真鯛など何本もソデ撒きくんで仕留めているのでこのカゴで釣れることは実証済み!
今回愛媛仕様にカゴを新しく仕上げ、挑んできました♪
4/9 6:15
成田からジェットスター航空で松山空港へ
1
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
7:50
 松山空港到着後レンタカーで宇和島方面へ
お昼過ぎ頃、釣り場である宇和島某所到着
場所取りのためご両親が木曜から釣行していて、高橋さん含めクーラーの中にはすでに何匹も真鯛が( ̄O ̄;)
既に産卵に入ってしまっていて食いは渋いが粘れば獲れるとのことで昼ごはんを食べてから釣りをすることに!
お昼には、お父ちゃんが釣った真鯛を刺身にしてくださり初めて宇和島の真鯛を口にしましたがこちらの真鯛とは味の甘さというか濃さが全く違い、「こんな美味い鯛を食ったことがない!」という印象でした!!
そのお父ちゃんが金曜に今シーズン一番のアタリを逃しており、まだデカイのがいる可能性大!!
ポイントや流し方を教わり実釣開始!
2投目で嫁のウキが消しこみ真鯛を走らせラインを送る
 
 
が・・・!!
 
 
リールはダイワのレブロス3000
糸巻量は100mちょい
送ったラインはスプール限界に・・・
高橋さんの咄嗟の判断で道糸と竿を握りそのまま横合わせ!!
なんとか道糸は無事!!
アワセもバッチリ決まり剛弓が字のごとく弓の様に曲がります!!
魚は何度も下へ下へ突っ込み首を振り抵抗しています!!
なんとか浮かせ高橋さんのタモ入れで上がったのは・・・
4
本人、人生初の真鯛!!!
まだ卵も落としてなくパンパンの綺麗な天然真鯛です!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
早速の真鯛に周りのテンションも上がりすぐに仕掛けを打ち返します!
しかし・・・
夕マズメのいい時間、夜も21時までやりますがアタリすらない状況。
それでも付餌が毎回残ってくるので真鯛がいることは確実!
翌朝朝マズメ、周りが明るくなってき始めた5:30すぎ。
15時間の静寂を破る待望のアタリが!!
気を抜いていた俺のウキが沈むのを、高橋さんが「ソデさん!ウキない!」
スプールを軽く押さえると勢いよく
 
バラバラバラバラ!!
親指を弾き魚が走る!!
糸を送り走らせたところで右にいる嫁をどかし大きく横合わせ!!(笑)
 
ガツン!!!!
乗ったーー!!!!!
よく引くが、初っ端すんなり竿が立ったのでそこまでの型ではないと判断し、やりとりするが途中からグングンと強烈な突っ込みを見せ、俺の頭の中は「もしかしたらデカイかも・・・」という邪念が侵略し始め、そこからかなり丁寧なやり取りに。
自分では必死で覚えてませんが、「バレるなよ、無理しない無理しない」などという心の声がでてましたよと後から高橋さんに言われました(笑)
突っ込みを竿で耐えようやく上がってきたのは63cmの真鯛!!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自己記録更新とはなりませんでしたが満足の大真鯛!!
 image1 (2)
俺本人も勿論の事、一番ホッとしたのは今回遠征をコーディネートしてくださった高橋さんでしょう♪
そこから昼までアタリはありましたが、アワセが上手くいかずスッポ抜け。
嫁にもアタリはありましたが根に潜られハリス切れ!
アタリもそれっきりなくなり、移動と飛行機の時間があるので昼で納竿。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
高橋さんの釣った鯛もお土産に頂きました(・ω・)ノ
宇和島から高速で松山市内まで戻り、有名な道後温泉の熱湯に浸かり
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

坊ちゃん団子を食べながら濃厚みかんジュースを飲み
9
心から愛媛を堪能しました(*^^*)
帰りは空港まで皆さんでお見送りに来てくださいました(^O^)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お父ちゃんには鮎のお土産まで頂いてしまいました!
13
今回、生まれて初めて愛媛県に行き豊後水道の海の豊かさを感じました(^^)
なにより、今回何から何まで世話になった高橋さん親子の温かさを感じました(^O^)
来年も愛媛に遊びに行きますのでまた、わいわい釣りの話でもしましょう!
二日間良くして頂いて本当にありがとうございました(*^^*)
【使用タックル】
竿:DAIWA剛徹4-57
リール:ABU csChrome
カゴ:ソデ撒きくん中50g
ウキ:発泡遠投ウキ
ハリス:フロロカーボン5号
針:カゴスペシャル10号

三宅島遠征 -2016年3月-

 2016年3月三宅島遠征

 3/19・20・21

 若潮~中潮~中潮

 メンバー:ソデ・ソデ嫁

 

2016年の初遠征、嫁を連れて三宅島へ行ってきました。

 

予報は低気圧のど真ん中。

覚悟はしていましたが橘丸は条件付き出航。

securedownload

 

 

翌朝5:00三宅島に無事到着

昨年の6月以来、一年ぶりにお会いする島民カゴ師加藤さんのお出迎えで民宿とほか美へ。

初日は一日暴風雨予報で竿が出せない為、加藤さんのご厚意で三宅島の釣り場や観光スポットを案内していただきました♪

 

夕方、晴れ間が出てきたので風裏の大久保で40分ほど竿を出しましたがウキが入ることなく納竿。

securedownloa

 

夕食は、とほか美の女将なっこ姉自慢の島料理を堪能(*^^)v

 

 

翌日二日目は朝からナライの風!

 

本命伊ヶ谷の桟橋はちょうどいいうねりが入る程度の凪!

 

しかし風はこの日も強く先端、右側はやりづらく左側で釣り開始。

沖磯、地磯、他の桟橋もうねりと波で釣りができないらしく、島に来ている釣り人は唯一竿の出せる伊ヶ谷に集中し、桟橋は普段見ない賑やかな光景。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カゴ師、フカセ師が混じり仕掛けや流し方を工夫するがアタリのないまま数時間が過ぎ、干潮に差し掛かるころ先端付近のフカセ師がいい型の尾長を上げる。

そこから周りのフカセ師もポツポツと魚を上げ始める。

 

10時すぎ、畑仕事を終えた加藤さんも合流 ♪

 

干潮から上げ潮変わり、待望のアタリは嫁!!

image4

 

猛烈に海底へ潜り剛弓4-52が水面に突き刺さる勢いで曲がる!!!

 

必死に竿を立て魚を浮かせ、見えたのは良型の尾長!

 

タモに入り上がったのは本人自己新記録の43cmの尾長!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この一枚を皮切りに怒涛の尾長フィーバーが始まる!!

 

セカンドヒットは加藤さん!

しかし痛恨のバラシ((+_+))

 

直後、流していた僕のウキが消込み、スプールを抑える親指が弾かれ待望のアタリ!!

image1 (1)

 

これも40オーバーの良型尾長!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし三宅の魚はでかい!!

 

再び隣で加藤さんが「今度は食わしたぞぉ」と竿を大きく曲げている!!

image1

これも良型、40オーバー!

これで三人坊主脱出(‘◇’)ゞ

 

コマセを同じラインに仕掛けを流し、三人中誰かが竿を曲げている尾長乱舞状況!!

 

しかし13時半に橘丸入港の為、一旦道具を片付け後ろ髪を引かれながら港の外へ。

 

14時過ぎ再び同じポイントへ入り釣り再開!

 

すると隣で加藤さんが静かに竿を曲げ、こっちを見てニヤニヤしている(笑)

 

待機中、状況を想定して棚と仕掛けをいじっていたらしく一投目から食わせた( ゚Д゚)!!

 

そして魚をバケツに入れコマセを詰め二投目、また掛けた!!

image2 (1)

 

御年八十歳、伊ヶ谷の主恐るべし・・・

 

 

僕たちも少し棚を下げ同じポイントに流すとヒット!!

 

午後になっても伊ヶ谷の尾長フィーバーは止まりません!!

 

あとから先端に入ったカゴ師の人たちにはアタリすらない様子で、周りではフカセ師がポツポツ30cm

くらいの尾長を上げる程度。

 

そんな中三人だけがポンポンとウキが入る!!

 

しかもほとんどが40cmオーバーで40cm以下はすべてリリース状態!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ポイントを少し変え沖に顔を出す根まで投げ流すと、一発目で仕掛けが海中に引きずり込まれる!!

尾長の下へ突っ込む引きだが竿の曲がりからしてサイズアップ間違いなし!!

image2

 

強烈な突っ込みに堪え、手前に寄せても抵抗は止まずなかなか浮いてこない!

 

竿の粘りで弱らせ浮いてきたのは先ほどまで釣れていた魚より明らかにでかい!!

 

加藤さんのタモ入れで上がったのは自己記録更新のジャスト50cm!!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

その後も仕掛けや棚を変えながら3人共釣れ続け、クーラー満タンで16時すぎに納竿(=゚ω゚)ノ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

持ち帰りは

加藤さん40オーバー5枚

ソデ50cm含む40オーバー10枚

その他多数リリースという大満足の釣果でした!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3日目の最終日は再び暴風雨予報の為、今回の遠征はこれにて納竿(・ω・)ノ

今回、島民加藤さんと一日竿を並べ色々なことを学び少しレベルアップすることができました!

 

 

2000年の大噴火全島避難から16年

未だ島のあらゆるところに噴火の爪痕が残る三宅島

沢山の島の人たちとふれあい、島人のやさしさとパワーを感じました。

〝火山と共に生きる島〟

この素晴らしい大自然と豊かな海を大切にしていきたいですね。

 

加藤さん、なっこ姉、今回も本当にお世話になりました(*^^*)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

[今回使用タックル]

竿:DAIWA剛徹4-57B

リール:abu6500cs  chrome

道糸:レグロンインターナショナル7号

ハリス:シーガーグランドマックス5号

針:カゴスペシャル11号

カゴ:ソデ撒きくん島用35g

ウキ:海遠隊三色ウキ12号

 

海遠隊ソデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

2016年 初遠征in三宅島!

2016/1/8・9・10
初遠征!in三宅島

メンバー:シナガワ・夏みかん(山田夫婦)

昨年は年末年始に三宅島でしたが
今年は年明けの遠征に成りました

DSC_0289


竹芝から三宅島へ
東海汽船の橘丸での船旅

2等船室ですが新艇なので綺麗で広い 平日なのでガラガラ(^_^;) 10名部屋に二人きり

三宅島着は朝の5:00前 初日から朝マズメが楽しめる

帰路の発時間は14:00なので最終日も楽しめるのです(^^)v

DSC_0332

 

三宅島の状況は

水温は18~19℃
南西の風強く水温は不安定で厳しい状況です
しかしこの時期ウキ稼働率が高いこの島は面白い

DSC_0299

島民で釣友の加藤さんにお世話に成り
釣果情報、状況など指導いただき
お迎えをお願いしました
いつも有難うございますm(__)m

DSC_0314

宿は伊ケ谷の民宿とほか美さん
母親の様な女将のナッコ姉さん
懐かしい宿と暖かい笑顔で迎えてくれました 中でも夕食の明日葉天ぷら、タカベ塩焼き、伊勢海老鍋は極旨!

15368

そして八丈島から三宅島へUターン組で八丈島では私の船釣りの先生 昨年はヒラマサ、カンパチ、キツネと遊漁船のスタンディング泳がせで奮闘した戦友 川島さんも夕食時に合流し三宅島の歴史を感じる話題を肴に楽しい時間でした

2泊3日の遠征ですが旨い食事と尽きない話で楽しい毎日

そして温泉は三本岳の夕日がきれいな
ふるさとの湯も毎晩堪能 (*^_^*)

目の前は地磯でシマアジが出るポイント 三宅島の地磯は島回りのどこにでも在る 歩きでも渡船でも楽しめる島です

DSC_0313

 

さて、釣果ですが
強風のためにお目当ての磯と堤防はクローズ
風裏の堤防で挑戦しました

8432
御蔵島が綺麗に見えるこの三池堤防は南西に強く
潮通しの良い堤防です
今年は水温が安定しないので冬季は厳しい情報

8433

DSC_0295

カゴ釣りでの釣果は尾長多数25~47センチ
他、シマアジ、クチブト、イスズミ、モンガラ、他、愉快な仲間達!
島民の方は朝一番で三ツ星(スマカツオ)を仕留めてました
大物こそ出ない物のこの時期にしては
ウキ稼働率は高く3連続などポコポコ入り
夏みかん(嫁)は大喜び

DSC_0298

DSC_0292

久々にカゴ釣りを満喫できました
2日目には目の前でクジラが潮吹き
尾びれで水面を大きく叩くなど凄かった(+o+)

DSC_0305

DSC_0302

DSC_0304

DSC_0321

三宅島の皆様お世話に成りました
次回はイサキの旬に遠征予定です
☆三宅島の美味しいお土産有難うございましたm(__)m

御存じ明日葉は ナッコ姉さんの畑産

DSC_0343

コイツは極旨ですよね 海老ちゃん! 川島さんm(__)m

DSC_0344

香ばしく磯の香りが抜群! 加藤さん何時もすいません

DSC_0345

正月には欠かせない 三宅島芋餅

DSC_0341

三宅島の皆さん

DSC_0330

DSC_0325

橘丸から見た三池港と御蔵島

DSC_0331

島民の皆様 お邪魔致しました

また、宜しくお願い致します!

2015秋季 海遠隊八丈島遠征 第二陣

2015.10.26~28

2015秋季 海遠隊八丈島遠征 第二陣

 

シマアジ祭り再来か??

メンバー 片浜遠投師、篭哲、Gibson

 

遠征日前日、シナガワさんより吉報が…………!

見事なサイズ?

これは期待しちゃいますよ?

ということで!

 

当日!

羽田で胸を躍らせて待っているとシナガワさんよりLINEが・・・

タカさんが待望の1尾を・・・ナイススマイルで!!

更に2kgオーバーを・・・これは期待が持てるかな?

そして定刻、羽田より八丈島行き1便にて行って来ま~す!

シュワッチ!!

あっという間に八丈島に到着、

まずはいつもお世話になっている釣宿アサギクさんで準備を整え

食料を準備し、エース釣具店へ・・・・・

こんにちは!今年もお世話になります。

おっ!来たね、昨日はお仲間さんいいの出たみたいね!

竿○○ながらも(笑)がんばってきてね!

はい!がんばります!!

てな感じで餌を準備しいざ八重根低堤へ!

74246

なかなかの盛況ぶりでシマアジの人気が伺えます。

本日は一陣のタカさんが2キロオーバーを筆頭数枚、周りでも数枚。

期待を込めシマアジとの勝負を開始!

なかなかアタリが出ない中Gibsonが1キロ強のサビレ(シマアジ)を確保。

すると足元に4~5kgほどのカンパチがムロアジを捕食中!

哲ちゃん・・・あの餌使ってみたら?

そうそう先程スーパーで食料調達時に小アジパックを購入、

さてさて食うかな?なんて初めてすぐにパクリ!

竿が引き込まれ必死のバトル開始?・・・・

数秒後ブレイク!残念!!でも引き味は楽しめたかな?

初日はこんな感じで終了。

釣り宿アサギクに戻り、

二日目への期待を込めてタカさんが釣ったカンパチ?ショゴ?で一杯。

釣り談義に花が咲きます。

遠征釣行の楽しみですね~!

 

 

そして勝負の二日目突入!

今回の、八重根低堤防は荷物は後ろ

釣り人は竿とコマセを持って潮を見て

移動しながらのスタンディングスタイル

場所取りなどは無いのでゆっくり目の5時に現着。

今日からは朝イチから打てる!

 

二日目はポツポツと当たりタカさんと共に片浜もシマアジを確保!

グラフィックス1

本日最終便で帰還するシナガワさん、タカさんは正午でタイムアップ!

二人とも最高の釣果でしたのでご満悦!

余裕の早仕舞い。お疲れさまでした!

 

午後からはメンバー3人で投げ込みます。

グラフィックス2

するとついにやって来ましたよラッシュタイム!!

投げて着水・・・棚まで落ちて煽った直後、スパーッとウキが消し込む。

Gibson・片浜が1.5kg~1.8kgのサビレを確保。

そしてまれにビッグな奴が・・・7000番巻けません(泣)

全身使って必死にこっちを向けるも口バレ!!

「ちくしょ~~~お!!」

怒涛の引きの大型シマアジの当たりが3人共にありました。

しかし、口が切れる口バレ、根ズレ、テンション切れと

大型のシマアジはなかなか振り向いてくれません。

他には哲ちゃんがアイッパラ(スマ)を確保し、

Gibsonは3キロ程度のヒレナガカンパチを確保して納竿。

 

宿へ戻り明日に備えて早めの就寝です………………

 

ん…ん…?はい!

3人共に寝坊しました!三日目ともなるとそれなりに疲れているようで…

急いで準備をして夜明け直後の八重根低堤へ!

泣いても笑っても最終日!

悔いの残らないように投げ込みます。

グラフィックス3

しかし、シマアジからの反応はなく、釣れるのは

ムロアジ、サンノジ、ウスバハギと外道のオンパレード…

先端からサイドへ場所を小移動し、

片浜、Gibson共に良型のシマアジの当たりがあるものの口バレ!

悔しい!

 

その後、Gibsonが1キロ程度のサビレを確保してタイムアップ!

7740

 

 

アサギクさんにて撮影!

グラフィックス4

3便にて無事に帰路に就きました。

 

 

後日、海遠隊料理長哲ちゃんより

グラフィックス6

S__20643851

今回の八丈島遠征釣行では3日目天候にも恵まれました。

釣果も40~50センチのシマアジがメインでした

その中に大型のシマアジの当たりもあり楽しむことができました。

 

島民の方にもいつも親切にしていただきとても感謝しています。

2015秋季 海遠隊八丈島遠征 先発隊

2015.10.24~27

2015秋季 海遠隊八丈島遠征 先発1陣

 

中潮~大潮・水温23℃

黒潮の蛇行は南側に離れている

例年と同じ条件でこの日を選んだが

先週4キロクラスのシマアジが出たが

シマアジの群れらしき情報はまだ無い・・

 

メンバー タカさん(古郡)シナガワ(山田)

作成:山田

 

今季は平日組と土日絡みの組で2陣体制の遠征

26日からは片浜、Gibson、篭哲チームが参戦

私は9月に単独で遠征したので今季は2戦目

 

10/24土曜日朝

タカさんと羽田から飛行機で八丈島へ

下に見えるのは軍艦堤防

7246

早速、八丈島の拠点

釣り宿アサギクへ向かい情報確認

やはり厳しい情報だがバラシはボチボチ出てる様子

 

ココからの話はシマアジ=本命と称します

チビレ=小 ~0.8キロ

サビレ=中 ~2キロ

本 命=大 2キロ~

※海遠隊基準

7244

今年は堤防の工事が多く

狙える堤防も限られた

勿論、狙うのは八重根港の低堤防・カミソリケイソン

本命を獲るには難易度が高い堤防だ

サビレまでは頑張れば取れるサイズですが本命ともなると技量と運が必要

この堤防で狼を仕留めれば島人も太鼓判の名所

 

土曜日なので釣り人は多いものの

竿が曲がる様子は見れない

たまに愉快な仲間達

ウスバハギ、サンノジ、ムロアジ、ダツ・・・

DSC_0056

先端角も人気が無いのかパラパラ

右側面に入り先端へ流す

鉄カゴで足元を探りながら打つ

・・・・・・

 

底潮~潮が変わり

DSC_0058

少し深めを狙うとエース(オナガ)

続けて2枚 40・46

その後は潮が変わり納竿

 

初日は本命の気配さえ感じなかった、、

チビレは時折ポツポツと

 

宿に戻り

お楽しみの反省会!

タカさんと二人で島焼酎(情け島)

夕刻に釣ったムロ鯵はムロ酢で

酒の肴に

(醤油と酢と島とうがらし漬け)

DSC_0060

明日の為に祖の1

早く寝る!

はずでしたが~

タカさんと部屋呑み、、、

で更に盛り上がりダウン

 

 

2日目

余裕のお目覚めで日はとっくに昇り

二人とも急ぐことも無く無言で用意する(気持ちが悪い)

既に堤防は釣り人が

本命を仕留めなければ、

②7241

天気と風は何とか味方してくれてる

本命の気配が無いのが悔しい

7243

八丈島では潮の動きが釣果に左右する

今は良く無い

それでもたまに洗礼の様なアタリがある

ハリス8号が合わせ切れ、、、

サビレの群れは居ないが

本命が回遊しているに違いない

危険だが少しだけ棚を落とす

そして2投目

左手親指のラインがスルッと出る

その反動で竿を立て合わせる

半分も竿が立たない内にラインが鳴る

本命だ!

ドラグが出るのを指で押さえ

7000番のTPハンドルを力強く回す

小刻みなポンピングで奴の顏をこちらに向ける

声も出ない

「くそ~上がれ!」

ラインの角度が鋭角に成ったケイソンを抜けた?!

腰に竿尻を乗せもう一度竿強引に立てる

ボキっ??、、、、てっ

慶良間4-50が4#で折れた、、

(昨年の八丈遠征でケーソンにぶつけた事を瞬間に後悔する)

それでもラインは張る

急いでハンドルを巻く

本命はまだ居る

5#4#で強引に巻く 

手締めだ(竿が役に立たない場合に直接ライン対決すること)

本命は真下に来た

タカさんが3#2#1#を持った

まさかシマアジ釣りでアシストが要るとは(汗)

運よく奴の下あごに針が刺さってる

よし!

見事タモに入る

②

72cm 3.8㌔

少しスレンダーだがファイトは流石一流だ

 

 

② 3360

その代償も一流だ(-.-)

DSC_0073

少し悔しいが仕留めた事には変わりない

今年の目標5キロ80オーバーには足りないが

満足の本命だ

 

この後は愉快な仲間たちと

静寂の海が続いた

納竿

 

本命の捕獲完了と

珍しいエピソードを肴に今夜も焼酎

タカさんも本命の洗礼を夢見て明日へ繋ぐ

 

 

3日目

2陣が初便で来る

タカさんもそれまでには本命が欲しい

日の出後の潮の動きに集中する

先端角右手前で粘る

74247

来ました!

待望の本命~~

タカさんの竿が唸る

角度からしてケイソンクリア

ココからは丁寧に口バレを回避する

息が止まるほど冷静に捌くタカさん

本命は中々浮かない

平打ちをしながらグングングン!と唸る

見えた~~~

銀白色に光る魚体が

そして無事に確保~☆

2.5㌔の本命です

 

DSC_0082

この一撃で

安堵と余裕のタカさん

 

続けてサビレ1枚ゲッツ!!!

先発隊の大義を果たし

満喫ニコニコのタカさん(*^_^*)

 

そして2陣組が到着

画像を見てるので浮き足立ちだ

即釣り開始

その後タカさんショパチを1枚捕獲

Gibsonさんがサビレ級1枚確保

この後は静かな海に、、、

納竿

 

夜は5名揃って反省会

本日堤防でお世話に成った古河原さんが差し入れに

6名で終わらない釣り話し開催~☆

DSC_0083

明日は我々先発隊の最終日

気合いが入ります

 

 

4日目

南東が強く底土港へ様子見に

先端は風がイマイチか

結局、低堤防へ戻る

島の名人たちがかなり手前に陣取るのを確認

南が強いのが先端の右サイドで陣を張るが

気になる名人の横へ移動

沖からの風とうねりで波が上がる

こんな日はシマアジも濁りの境などに出る

 

流石は名人

ポツポツと当て始める

サビレの群れが来た!

いい感じだ

 

タカさんが横で1枚

私も1枚

先端で見ていたGibsonさんが移動し合流

Gibsonさんも1枚

片浜さんも仕留める

その後ポツポツながらもサビレが釣れた

DSC_0085

山田とタカさんは少し早いが納竿

二人とも楽しく疲れた(^^)v 

 

流石に4日間のスタンディングでカゴ釣りはキツイ

しかも集中力が無いと本命は獲れない難しい

合わせが0.1秒の差でも仕掛けをロストしかねない釣りだ

その後は2陣メンバーも好調にサビレを確保

スマカツオ(アイッパラ)も混じり好調のようだ

※別途 2陣釣行記参照

 

帰りの支度と尽きない話題で風呂に入り任務完了!

お疲れ様でした!

本命も獲り凱旋帰宅だ(^○^)

 

 

◆画像は山ちゃん(山崎氏)に譲ってもらった

「落としダモ」

これが欲しくて9月の来島時にお願いしてた

泳がせの必需品だ

※詳しくは海遠隊のフェイスブック参照

DSC_0088

ちなみに八丈島は12月まで蚊が居る

ハイビスカスは沿道に1年中咲いている

年末年始も過ごしたが水温が気温に近く過ごしやすいのが八丈島

 

 

ココからは自宅にて

早速、獲物を捌いて親戚に振舞う

脂がノリノリ!

赤身の部分はヒレの筋肉

良い身体してますね~

DSC_0095

DSC_0100

奴の口は鯵です

薄皮と伸びる唇

穴だらけなのは勝利の傷跡

DSC_0096

今夜は定番の

八丈島釣りシマアジのお刺身

ムロ酢

八丈キンメダイ煮つけ

ムロ酢茶漬け

DSC_0114

②39762

数日寝かせたサビレはお作りに

DSC_0149

食べるまでが遠征です(^^)v

 

毎年釣るシマアジの胸ヒレは記念のコレクションです

今年は更に大きい

シマアジ好きにはたまらない綺麗なフォルムです

乾燥させて眺めながら焼酎を飲む

DSC_0112

クぅ~~~~たまりません!(^^)!

酒がすすむ君

DSC_0119

ではまた、次回の釣行記をお楽しみに(^_-)-☆

下田沖磯 ルアー釣行 2015/06/14

2015/6/14  伊豆沖磯 ルアー釣行

メンバー:Gibson・友人W氏

 

今回はルアーでヒラマサを釣りたい!

 

伊豆沖磯で先日、7キロのヒラマサが釣れていたので予約しようとしたところ希望の渡船は団体さんで一杯。

延期も考えたが前日に場所を変更し、沖磯釣行を決行!
20150614_001

いざ出船!

 

20150614_002

希望の釣座を無事確保。

 

開始早々、友人W氏がヒットさせるが瞬殺で根ズレ! 魚は居る!自分も負けじと投げる!

すると、ヒット!

 

20150614_003

大きくはないが無事に本命のヒラマサ?コマサ?を確保。 続いて友人W氏がヒット!

20150614_004

友人W氏はカンパチを確保。

 

20150614_005

しかし、後は続かずに沈黙。

 

20150614_006

 

今回はこれにて終了。サイズはイマイチでしたが沖磯釣行を楽しみました。

 

 

 

2015年3/20~22伊豆大島遠征

3/20~22で伊豆大島遠征

メンバー:にせRさん、片浜遠投師

少し早いがイサキ、オナガメジナを求めて!椿祭の伊豆大島へ行ってきました。

スタートまもなく片浜にアタリが出るがハリスを切られる、手応えからりよオナガ?
連発して当たるも足元で針外れ❗

続いてにせR君にアタリDSC_0315

片浜にもオナガ
DSC_0308
その後もオナガとイサキがポツポツ
夜はサバタイムになる。
2日目も朝からイサキ、オナガがポツポツ釣れ始める
DSC_0301

DSC_0314
1426910460025
DSC_0313

三日目はイサキがポツポツ
まだまだ小型でしたがシーズンが楽しみです
結果
イサキ、20cm~27cm 7匹~16匹
オナガメジナ、35cm~45cm 4匹~6匹
その他サバ、ムロアジ、カワハギでした

オナガメジナ、イサキ、ヤリイカのお刺身で美味しく頂きました✨
DSC_0318

八丈島 シマアジ祭り 2014/10/20~23

2014年10月20~23日

八丈島遠征

メンバー:片浜・Gibson・シナガワ

 

10/20

早朝より羽田空港で合流

春の遠征では事、既に遅し、、、

賑やかなお祭りの後でした(^_^;)

 

今回は2014年最後の連続台風も過ぎ期待も高まる遠征です

羽田~八丈空港へ

風は強いが天候は良し

hachijyo_001

※三宅島上空

 

hachijyo_002

アサギクで荷物を降ろす

そしてエース釣具店で情報とエサを購入

向かうは八重根新堤防へ

hachijyo_003

早速シマアジが迎えてくれた(^^)v

その後工事の為に八重根低堤防へ移動

hachijyo_004

泳がせ、底物も居ますがカゴ釣りが多勢

早速開始、

と、島民の常連さんが3キロのシマアジを(゜.゜)

「奴は居る!」

やる気はマックスに!

 

しかーし、シマアジの当りは在る物の

デカ次郎か?口ばれ多発、、、

hachijyo_005

足元にはムロ鯵の群れが

 

hachijyo_006

 

hachijyo_007

地元の山ちゃんは軽快にアイッパラを獲る(+o+)

流石は名人!

こちらも負けずに!!!

hachijyo_008

hachijyo_009

何とかアイッパラを仕留めて

今夜のお刺身ゲット!

で、第1日目は納竿

 

宿に戻り今夜の反省会~

アイッパラとシマアジの刺身で乾杯!

hachijyo_010

 

 

 

10/21

早朝より八重根新堤防へ

hachijyo_011

hachijyo_012

朝から好調にシマアジが釣れる

サイズは25~40cm

1キロ2キロクラスも出るので楽しめた

hachijyo_013

エサ取りも多い

南洋カイワリやオヤビッチャ、サンノジ、クルクル、サバ、ムロアジなどなど

hachijyo_014

 

新堤防は本日も工事の為に昼には終了~

無念、、、

 

その後は低堤防に移動する

先端では2キロクラスがポツポツと

早速開始

いきなり、大きな当り!

足元までは来たが無念の口ばれ~

 

片浜さんも竿がしなる!!

(-_-;)が無念

これも口ばれ 根ずれ

低堤名物のカミソリケーソンです(+o+)

 

Gibsonさんは2キロクラスを捕獲!

口ばれも多いが楽しい(^.^)

hachijyo_015

サイズのいいササギも来ました(^^)v

※ササヨとササギ:○ササギは食べて美味しい×ササヨは脂が無い

 

本日もこれにて納竿

hachijyo_016

 

 

 

 

反省会はシマアジの塩焼きと刺身で(^’^)

hachijyo_017

 

10/22

早朝より風強く天候不良

かろうじて新堤防へ

 

早朝から熱いバトルが開始!

1投目から激しいシマアジのアタック

2投目は一荷でシマアジ(・・;)

 

1~2キロも混じり好調なスタート(^。^)y-.。o○

雨交じりの中で風も出てきた

 

集中遠投しているので隣とお祭りに

サビレ(ジャミシマ)が掛かり

ラインを交わしながら巻いていると

強烈な当りが!

カンパチだ・・・!

狼とは違い重たくラインが出る

グーン!、グーン!、と

8号のハリスは耐えられることも無く切れて 終了(-.-)

 

 

この日も工事の為に新堤防を退散

風を避けて

軍艦堤防へ

アイッパラはボチボチ出るが本命は、、、、

 

あきらめて藍ヶ江へ偵察に行く

反応無く終了~

 

天候不良による新堤防の工事終了を期待して移動

すると、新堤防には既に釣り人が!

波は高いが何とかセーフ

釣り開始~

 

悪天候のせいか

釣り人が居無かったせいか

開始から直ぐにシマアジが釣れ出す

サビレを避けながら棚を浅くして手返し早くする

 

急に餌が残る様になった?

おかしい

そして南洋ブリが釣れ出す?

掛けた南洋ブリに鮫が(ー_ー)!!

 

シマアジは何処へ・・・・・

 

夕闇も迫り

終わりかな、、、

 

その時、Gibsonさんに強烈な当りが

青物だ!

3キロほどのアイッパラが来た

フットワークのいい竿捌きで確保!

 

片浜さんにも強烈な当たりが

同じくアイッパラ!

見事、確保して納竿

 

宿に戻り反省会

今宵の肴は「ムロ酢」

これがまた旨い!

 

 

10/23 最終日

 

強風と強雨

とても釣りの天気では無い、、

それどころか

帰りのフライトが心配だ

 

それでも最後のチャンスに新堤防へ

正面からスコール!

それでも早朝から釣り人が(^_^;)

 

日の出と共に開始

hachijyo_018

海の中は嵐など関係ない!

と、早速シマアジが

 

雨で濡れて竿が滑る

前が見えないほどの豪雨

それでも当りは上々

Gibsonさん片浜さんも良型確保!

 

と、シナガワに強烈な引き

本命だ!

hachijyo_019

 

容赦なく底へ突っ込み

グイグイと引く

竿先が足元で海の中へ突っ込む

口バレを回避しながら丁寧に捌く

hachijyo_020

釣れたのは3キロクラスのシマアジだ

hachijyo_021

更に

連続でもう1尾!

hachijyo_022

hachijyo_023

5キロには届きませんでしたが

本命確保成功!

 

昼には納竿~

hachijyo_024

雨は上がり

アサギクで記念撮影(^^)v

 

今回は工事の関係で移動したり

天候にも悩みましたが

全般にシマアジと愉快な仲間たちが釣れて楽しい釣行でした

hachijyo_025

お土産も

全員クーラー満タンで

シマアジ、アイッパラ、南洋カイワリと

美味しい旬の魚を確保できました(^_-)-☆

hachijyo_026

 

心配していたフライトも問題無く帰路へ

hachijyo_027

 

帰宅後

シマアジを贅沢に超厚切り刺身で食べました~(*^_^*)

時価10,000円か?

hachijyo_028

遠征終了(^○^)

釣行記 八丈島 珍道中? 2014/6/3

 

八丈遠征珍道中

 

【1日目〜】

さぁ、今回は久々の八丈島!

事前情報で狙うはシマアジ、そして大ヒラマサ‼︎

メンバーはギブソンさんと私の先生Yさんと私の3名の遠征です。

羽田空港で合流、荷物を預け蕎麦を喰っていざ出発!

hachijyo_001
曇りで景色は見れませんでしたが順調に八丈島到着。

 

先ずはエース釣具店にて餌を購入し堤防へ。

 

先端では平日ならが地元の方々の泳がせの仕掛けが並んでいましたので先端寄りの横で竿を出します。

ギブソンさん、Yさん カゴ釣り

私はルアーでスタ〜トフィッシング‼︎

開始早々Yさんのウキが消え竿がしなります!

hachijyo_002

いきなり出るかっ本命⁈

出たっ!

… 巨大サンノジ。

 

数分経過しまたまたYさん!

さっきより更に竿がしなります‼︎

hachijyo_003

ウォーっ‼︎

…。

またまた巨大サンノジ!

こんどのは更にデカ〜イ50オーバー。

サンノジどころか4ノジ、いやっ5ノジ位あります(笑)

 

私はルアー  …依然反省無し。

 

するとギブソンさん。

んっ?

曲がってます、曲がってます、うーん剛徹が曲がってまーす!

ドキドキ、ハラハラ…

慌てず、冷静かつ正確によせます!

hachijyo_004

 

白い魚体がチラリ⁉︎

わーお! マサです、マサです、正にヒラマサです‼︎

出ました、速攻!

ギブソンさんおめでとうございます!

勝利のドヤ顔ショット。

hachijyo_005

 

さぁ、皆のテンションあがります。

早くもテンション95%です!

Yさんもカゴを投げ

私もルアーをジャンジャン投げます。

投げます!

投げます、

なげます…

ます…

す…

やめます。

ルアーは全く反応無しですね。

カゴにチェンジして参戦します。

が全員反応無し。

ムロも出ず…。

なにも出ず…。

 

午後になり先端で地元の方のラインアラームが「ギィー」と元気に鳴っています。

泳がせでヒラマサです。

また、ヒラマサ!

ギブソンさんのより一回り大きなサイズでした。

本日2度目のテンションUP

遂にMAX!

しかし、その後は…

ち〜ん…

 

夕方にソウダタイム突入~

デブヒラソウダが現れました。

みんなヒラが釣れます。

釣れればヒラソウダ

がリリース、地元の方へ差し上げます。

ヒラはヒラでも私の狙いはヒラマサ。

美味しそうでしたが元気なうちにリリース。

ソウダタイムも程なく終了~平和な海になり時間いっぱいの為納竿。

 

宿に戻りギブソンさんの祝賀会(^_^)

hachijyo_006

 

 

【二日目~】

 

今日はいい天気です!

hachijyo_007

 

八丈遠征で1度チャレンジしてみたかった小島へ渡船‼︎

hachijyo_008

お客さんは我々の他一組のみでその方達は地磯へ。

我々は船長オススメの磯へ渡礁。

hachijyo_009

 

見えて来ました、気持ちが昂ります。

渡船は何時もドキドキします。

 

Yさん、私はルアーで、ギブソンさんはカゴでスタートフィッシング‼︎

私は小島の水道にめがけてキャスト!

しかし、潮が複雑というよりグチャグチャでなかなか着底しない。

場所を裏側へ移動。

 

するとYさんの竿が曲がってます!グイグイ巻きます、まさか?まさかのヒラマサです!

hachijyo_010

軽く1発採りました!

 

またしても皆のテンションMAXです!

私も続けてキャスト!

さぁー来い、ヒラマサ!

ヒュー   …

ひゅ~   …

ひゅ~    …

ひゅ~    …

そして…

お昼になりました。

 

ニュースの時間です。

本日、正午過ぎ八丈小島に遠征中のギブソン氏がヒラマサをカゴ釣りにて仕留めた模様です。

hachijyo_011

ギブソン氏は八丈島にて二本目のヒラマサとなります。

 

おめでとうございます!

うーん!羨ましい限りです。

ルアーには反応の無いので私もカゴに変更、三人で集中的にエサを撒きます。

ようやく私の浮きが スッと入ります!

遂に来たか?いいえイスズミ。

また、イスズミ。

またまたイスズミ。

その後は餌取り、イスズミタイム。

hachijyo_012

潮も変わりアタリも無くなりタイムアップ!

納竿~。

 

行きは凪でルンルンでしたが帰りはウネリが酷く酔う寸前で港に戻り宿の先の堤防へ偵察。

地元の方が泳がせをやっており暫し雑談をして宿に戻りまたまた祝賀会!

最終日の作戦会議へ。

hachijyo_013

 

【最終日】

 

前日より天気が急変。

hachijyo_014

 

出発前は3日間天気は良かったのでしたが…。

雨、風、海は荒れウネリもあります、帰りの時間も考慮し最終日は三人でルアー大会!

東よりの風の影響の少ない堤防へ向かいます。

hachijyo_015

 

薄明るくなっていい時間の海へキャストします。

合羽を叩く雨音が大きく周りの音が聞こえません。

そんな時風向きが変わり堤防先端のはじにウネリが上がって来ました、この先続けるのは危険と判断して宿近くの堤防へ移動。

上段に上がると立って居るのがやっとの風が吹き付けます。

流石に先端は荒れて危険なので近づけず途中から港内側へキャスト開始します。

が、数十分で余りにも強烈な風に無念の納竿。

 

遠征最終日の釣りは朝7時に終了しました。

 

後は片付けして飛行機の時間迄宿で過ごす事に。

やる事無いので島寿司でも頂きましょう~。

hachijyo_016

 

八丈島は台風並の雨、風!

地元の方は良くある天気と至って普通。

ちょと低気圧が発達しただけでこんなに天候が急変するなんて…

自然の力を感じます。

hachijyo_017

 

そして、その自然の力が我々を封じ込めました。⁉︎

羽田〜八丈島の飛行機を全便3便欠航になりまさかの延泊…

遠ざかる飛行機のエンジン音を聞きながら泣く泣く宿に戻り残念会。

仕事の休みを1日多く取って居たので助かりました…。

遠征の予備日は大切ですね…。

 

 

【まさかの延長戦】

 

関東も突然梅雨入りし八丈島も相変わらずの雨。

周りは昨日より幾らか靄も無くなり飛行機も大丈夫そうです。

身支度を済ませ1便で帰る予定で空港へ送って貰い後は帰るだけ。

あれ、羽田からの1便目が降りて来ない。

10分経過  …20   …30

1時間過ぎても降りて来ない。

何度かアプローチしていたのですが…

キューーーーン…。

ゴーアラウントってやつですか?

またまた私達を残し羽田空港へと引き返して行きました…。

2便目にするか、船で帰るか。

〜、〜〜

時間掛かるし、船やだな〜、船やだな〜、酔うし〜、船やだな〜。

確実に帰れる船を選択…。

hachijyo_018

 

船が御蔵島を出た頃、羽田~八丈2便目欠航になった事を知りました。

hachijyo_019

 

三宅島を通過し現在大島付近時刻は16:30

 

外には見た事の無い程の鳥山が‼︎

hachijyo_020

ここにルアー投げたら…

二等椅子に座って波に揺られている最中…z.     zZZ        ZZZ

あっ、気付けば船は大島を通過〜

東京湾に入りもうすぐ竹芝。

出会ったのは新型船、橘丸〜。

今から八丈島へ向かうところです。   余り考えたくありませんね…

hachijyo_021

 

そして無事竹芝到着。

 

それぞれの帰路に着きました。

以上  八丈島釣行記でした

 

釣行記 伊豆大島 遠征 2014/5/17

 

伊豆大島遠征

 

日程:5月17~19日

今回の大島遠征クルーは、シナガワさん・篭哲さん・ニセRさん・片浜遠投師

そしてゲスト参戦の鍋さんの5名

 

まずは、早便でシナガワ隊長がスタート?

ooshima_001

 

そして熱海便のメンバーは大きな期待を抱き17日に熱海港出向

ooshima_002

 

到着しシナガワさんと合流

 

そして各々釣り座を構え準備を終えると1投目から来ましたねえ~

ニセRさんの竿が大きく曲がります。

竿を叩きます・・・マダイか?

顔を見せたのはヒラタイ奴・・・50cmオーバーのウスバハギ

これがスタートの合図かの様にイサキ・尾長のオンパレード

 

釣ります。投げます。〆ます。

皆さん、魚は神経〆してクーラーに・・・

今回大島遠征お初の篭哲さん・ニセRさんもニコニコ顔で打ち込みます。

すると・・・篭哲さんの竿がいい感じに曲がります。

イサキでは無いね・・・

ooshima_003

 

あがって来たのは43cmの尾長でした。篭哲さん初尾長に気分もアゲアゲ!

 

その後もイサキ・尾長・口太と続きます。

夜はサビタチの猛攻に合い、毎回ハリスが切られます。ここで終了?

すると夜中にこそこそ釣りしてる篭哲さん、イカとゴマサバを追加してました。

そして二日目に突入・・・

二日目も同様、ウキが消しこみます。

イサキ・尾長が飽きない程度にかかります。

お昼を前にクーラー満タンの篭哲さん終了。もう大満足と夜釣りでお疲れの様子。

 

ooshima_004

ooshima_005

ここでシナガワさんと篭哲さんは納竿です

のんびり温泉入って帰路へ。お疲れ様でした!

 

残った3名ニセRさん・鍋さん・片浜は夕方までイサキ・尾長を追加

疲労もあり、17時で一度竿納め。疲れを癒す為温泉へ。

食事を取って作戦タイム。

せっかくの大島なのでいろいろな場所で釣りをしてみたい!となり

場所を移動し鍋さんはナイトマダイ狙い、ニセRさんはタマン狙い、片浜は

お休みタイム。しかし爆風の為さらに場所移動。

風裏で深夜に再開。

鍋さんがイサキ・サバが釣れて来るがマダイが来ない。

そこに1台の車が・・・大島のアンプさんがイカ釣りに来ました。

アンプさんお久しぶりでした。

ニセRさん・片浜は車で就寝。

夜明け前より再開するも潮は激流・風は正面で断念しまたまた場所移動。

こちらは風は無いが大きな船が作業中の為、各々自由に行動

ニセRさんはサンノジを釣って遊び、鍋さんはマダイ狙い、片浜は地元のおじさんと

コミュニケーションでお昼を向かえ終了し、元町の食堂でランチ、ベッコウ丼を食べその後は温泉でのんびり過ごし反省会。

そしてジェット船で熱海へ帰還。楽しい大島遠征釣行でした(^^)v

ooshima_006

釣行記 三宅島 遠征 2014/5/2

5月3日~6日に三宅島釣行に行って来ました。参加者は先発にウキ師、1日遅れでシナガワと夏みかんの3名です。

miyake_001

 

今回の釣行は水温は少し低いですが、太平洋高気圧に覆われ風も弱く良い釣り日和になりました。

 

先ず1日目、先発隊のウキ師は魚のコンディションを見る為、超遠投浅棚で様子を探ります。この所水温も安定しているので期待して投げ続けます。

 

桟橋付近は餌取りも多いので、なるべく餌取りが居ない海底の変化がある場所に投げると40センチ前後の尾長メジナが釣れてきます。

miyake_002

miyake_003

ある程度数は出ますが、なかなか大型の尾長メジナや、三宅島名物ジャンボイサキも出ずに初日は終了。後発のシナガワと夏みかんに期待。

 

 

2日目の朝は大型船の着岸港にシナガワと夏みかんを迎えに行き前日の桟橋で竿を出します。

 

シナガワとウキ師で投げ込みますが潮も止まり、餌取りも多く苦戦します。

 

潮が動き出すと飽きない程度にウキは沈みますが、40センチ前後の尾長メジナ。

 

夕方まで粘りますが、大型も出ずに終了。宿に戻って温泉に浸かり次の日に望みます。

miyake_004

 

3日目、この日は寒気が入り込み朝から暗い曇り空で日中でもジャンボイサキが狙える状況。シナガワ、夏みかん、ウキ師の3人で挑みます。

 

予想は当たり、数投目にジャンボイサキ、尾長メジナが釣れて来ました。

 

夏みかんも45センチの尾長メジナやジャンボイサキを釣り上げます。

 

ウキ師もジャンボイサキ。

 

昼間でも朝棚でイサキが釣れて来ました。

miyake_005

 

コマセが効いて来ると小型ですが、シマアジが釣れて来ます。

miyake_006

 

シナガワにもシマアジや、大型のサンノジ。

miyake_007

 

小雨が降り出して気温が下がり釣りにくい状況ですが、投げ込みます。

 

夕方雨も強まりこの日は終了。

 

 

 

最終日は朝から大雨で、宿でゆっくり朝食を食べてからのスタート。片付けをする時間もあるので数時間勝負。

miyake_008

 

夜の内に降った雨で海水に濁りが入り込み、数尾の尾長メジナで終了になりました。

 

知り合いが同日に式根島や大島釣行しておりましたが、各島も厳しい状況でした。

miyake_009

 

今回お世話になった地元の方々や、宿の女将さん大変お世話になりました。

miyake_010

お土産も美味しく頂きました

miyake_011

miyake_012

報告 ウキ師

 

釣行記 黄金伝説? 式根島 遠征 2014/4/5

4月5日(金)夜発の大型客船に乗船して2泊3日で式根島に行って来ました。

 

参加者はシナガワ、ウキ師の2名で春の大型真鯛狙いです。

 

出発は低気圧の影響で海もかなり荒れていて、八丈島便は途中で引き返しの欠航で私達が乗船する船はなんとか無事に式根島に上陸出来ました。

 shikine_001

 

到着して直ぐに釣りを開始しましたが、なかなかウキが入りません。

 

ウネリや風の影響もあり場所移動しましたが釣れるのが外道のみ。厳しい状態で1日目が終了しました。

shikine_002

 

 

2日も低気圧の影響で強い風も残り水温も安定せず、釣りが出来る場所を探しに島内を周りましたが、外道のみの貧果でした。地元の方に聞くと何時もこの時期は大型真鯛が釣れているみたいで今年は全く釣れて無いの事。

 

 shikine_003

民宿では豪華な夕食が

 

3日目の最終日、風も強く朝の内は雷が伴う雨天でしたが、徐々に天気は回復しましたが、海は底荒れで濁り釣果を出す事は出来ませんでした。

 shikine_004

 

途中で 黄金伝説の濱口さんとKis-My-Ft2の舞祭組4人が撮影中

どうやら沖で真鯛を釣ったようでした(^_^;)

 shikine_005

 

帰りは今期発のジェット船で式根島を後にしました。

条件が悪かった式根島釣行でしたが、島の方や宿の方に大変お世話になりました。また秋口にも必ずリベンジしたいと思います。

 

 

報告 ウキ師

 

釣行記 南伊豆 仲木の沖磯 2014/4/2

 

4月22日に南伊豆中木地区の沖磯にまこっちゃん、ウキ師の2名で春の乗っ込み真鯛と抱卵イサキを狙いに行って来ました。

nakagi_001
この時期は例年大型真鯛が上がる時期で、釣行日前にはルアーで大型ヒラマサが釣れてるとの情報で、まこっちゃんはルアーとカゴ釣りの二刀流、ウキ師はカゴ釣りで挑みました。

当時は気温も上がりベタ凪状態。水温も~17℃と少し冷たい状況。

 nakagi_002

 

朝一番まこっちゃんはルアーで探りましたがナブラも無く潮も動かずで不発。ウキ師と2人で沖向きに遠投カゴを投げ込みます。

 nakagi_003

 

浅棚で狙っても反応が無いので、棚を15メートル、ハリス3メートルにして深い場所に流します。

 nakagi_004

 

2人でイサキがポツポツ釣れる中、まこっちゃんに強烈な引き。上がって来たのは60センチの綺麗な真鯛。

 nakagi_005

 

その後は飽きない程度にウキが沈みイサキのみ。

nakagi_006

nakagi_007

 

お昼位から南西の風が強くなり、沖向きには投げられない状況で陸向きに投げ込みますが全く反応が無くタイムアップ。

 

今回は数は出ませんでしたが狙った魚も釣れて楽しい釣行になりました。イサキもまだ浅い棚には居ない状態で他のふかせ師達はイサキが全く釣れない状況でした。

 

遠投深棚で狙えるカゴ釣りの強さですね。近いうちに夜釣りで挑んで見ようかと思います。

 

何時も優しく安全に磯渡しをして頂ける武丸の船長さんに感謝しております。

 

 

報告 ウキ師

 

 

とちさん単独遠征! in大島 3/27・28・29

前回の真鯛の記録更新へ



気合いの夜船での出撃です


1396427323624



乗船出航♪


1396427324892



早朝到着後、前回真鯛を穫った桟橋へ



場所も確保♪


1396427326922

後は真鯛を待つのみ…














エサ取りがスゴく、勝負にならない…






それに風も強く…





それでも何とか


1396427327425



尾長の40アップ!(^^)!




その後、尾長一枚追加、ウマズラ、イサキ少々





夜は更に爆風になり、翌日の昼便で早帰り(^。^;)





残念!ながら本命はナシ(>_<)





天候が難しい季節ですが、お土産もあって良かったですね(^_^)v




とちさんお疲れ様でした!



乗っ込みリベンジしましょう(^_^)v




今週はシナガワ会長、ウキ師が式根島へ



さて!何が出るか!?( ̄^ ̄)







ライムスター