TEAM海遠隊

2015秋季 海遠隊八丈島遠征 先発隊

2015秋季 海遠隊八丈島遠征 先発隊

2015.10.24~27

2015秋季 海遠隊八丈島遠征 先発1陣

 

中潮~大潮・水温23℃

黒潮の蛇行は南側に離れている

例年と同じ条件でこの日を選んだが

先週4キロクラスのシマアジが出たが

シマアジの群れらしき情報はまだ無い・・

 

メンバー タカさん(古郡)シナガワ(山田)

作成:山田

 

今季は平日組と土日絡みの組で2陣体制の遠征

26日からは片浜、Gibson、篭哲チームが参戦

私は9月に単独で遠征したので今季は2戦目

 

10/24土曜日朝

タカさんと羽田から飛行機で八丈島へ

下に見えるのは軍艦堤防

7246

早速、八丈島の拠点

釣り宿アサギクへ向かい情報確認

やはり厳しい情報だがバラシはボチボチ出てる様子

 

ココからの話はシマアジ=本命と称します

チビレ=小 ~0.8キロ

サビレ=中 ~2キロ

本 命=大 2キロ~

※海遠隊基準

7244

今年は堤防の工事が多く

狙える堤防も限られた

勿論、狙うのは八重根港の低堤防・カミソリケイソン

本命を獲るには難易度が高い堤防だ

サビレまでは頑張れば取れるサイズですが本命ともなると技量と運が必要

この堤防で狼を仕留めれば島人も太鼓判の名所

 

土曜日なので釣り人は多いものの

竿が曲がる様子は見れない

たまに愉快な仲間達

ウスバハギ、サンノジ、ムロアジ、ダツ・・・

DSC_0056

先端角も人気が無いのかパラパラ

右側面に入り先端へ流す

鉄カゴで足元を探りながら打つ

・・・・・・

 

底潮~潮が変わり

DSC_0058

少し深めを狙うとエース(オナガ)

続けて2枚 40・46

その後は潮が変わり納竿

 

初日は本命の気配さえ感じなかった、、

チビレは時折ポツポツと

 

宿に戻り

お楽しみの反省会!

タカさんと二人で島焼酎(情け島)

夕刻に釣ったムロ鯵はムロ酢で

酒の肴に

(醤油と酢と島とうがらし漬け)

DSC_0060

明日の為に祖の1

早く寝る!

はずでしたが~

タカさんと部屋呑み、、、

で更に盛り上がりダウン

 

 

2日目

余裕のお目覚めで日はとっくに昇り

二人とも急ぐことも無く無言で用意する(気持ちが悪い)

既に堤防は釣り人が

本命を仕留めなければ、

②7241

天気と風は何とか味方してくれてる

本命の気配が無いのが悔しい

7243

八丈島では潮の動きが釣果に左右する

今は良く無い

それでもたまに洗礼の様なアタリがある

ハリス8号が合わせ切れ、、、

サビレの群れは居ないが

本命が回遊しているに違いない

危険だが少しだけ棚を落とす

そして2投目

左手親指のラインがスルッと出る

その反動で竿を立て合わせる

半分も竿が立たない内にラインが鳴る

本命だ!

ドラグが出るのを指で押さえ

7000番のTPハンドルを力強く回す

小刻みなポンピングで奴の顏をこちらに向ける

声も出ない

「くそ~上がれ!」

ラインの角度が鋭角に成ったケイソンを抜けた?!

腰に竿尻を乗せもう一度竿強引に立てる

ボキっ??、、、、てっ

慶良間4-50が4#で折れた、、

(昨年の八丈遠征でケーソンにぶつけた事を瞬間に後悔する)

それでもラインは張る

急いでハンドルを巻く

本命はまだ居る

5#4#で強引に巻く 

手締めだ(竿が役に立たない場合に直接ライン対決すること)

本命は真下に来た

タカさんが3#2#1#を持った

まさかシマアジ釣りでアシストが要るとは(汗)

運よく奴の下あごに針が刺さってる

よし!

見事タモに入る

②

72cm 3.8㌔

少しスレンダーだがファイトは流石一流だ

 

 

② 3360

その代償も一流だ(-.-)

DSC_0073

少し悔しいが仕留めた事には変わりない

今年の目標5キロ80オーバーには足りないが

満足の本命だ

 

この後は愉快な仲間たちと

静寂の海が続いた

納竿

 

本命の捕獲完了と

珍しいエピソードを肴に今夜も焼酎

タカさんも本命の洗礼を夢見て明日へ繋ぐ

 

 

3日目

2陣が初便で来る

タカさんもそれまでには本命が欲しい

日の出後の潮の動きに集中する

先端角右手前で粘る

74247

来ました!

待望の本命~~

タカさんの竿が唸る

角度からしてケイソンクリア

ココからは丁寧に口バレを回避する

息が止まるほど冷静に捌くタカさん

本命は中々浮かない

平打ちをしながらグングングン!と唸る

見えた~~~

銀白色に光る魚体が

そして無事に確保~☆

2.5㌔の本命です

 

DSC_0082

この一撃で

安堵と余裕のタカさん

 

続けてサビレ1枚ゲッツ!!!

先発隊の大義を果たし

満喫ニコニコのタカさん(*^_^*)

 

そして2陣組が到着

画像を見てるので浮き足立ちだ

即釣り開始

その後タカさんショパチを1枚捕獲

Gibsonさんがサビレ級1枚確保

この後は静かな海に、、、

納竿

 

夜は5名揃って反省会

本日堤防でお世話に成った古河原さんが差し入れに

6名で終わらない釣り話し開催~☆

DSC_0083

明日は我々先発隊の最終日

気合いが入ります

 

 

4日目

南東が強く底土港へ様子見に

先端は風がイマイチか

結局、低堤防へ戻る

島の名人たちがかなり手前に陣取るのを確認

南が強いのが先端の右サイドで陣を張るが

気になる名人の横へ移動

沖からの風とうねりで波が上がる

こんな日はシマアジも濁りの境などに出る

 

流石は名人

ポツポツと当て始める

サビレの群れが来た!

いい感じだ

 

タカさんが横で1枚

私も1枚

先端で見ていたGibsonさんが移動し合流

Gibsonさんも1枚

片浜さんも仕留める

その後ポツポツながらもサビレが釣れた

DSC_0085

山田とタカさんは少し早いが納竿

二人とも楽しく疲れた(^^)v 

 

流石に4日間のスタンディングでカゴ釣りはキツイ

しかも集中力が無いと本命は獲れない難しい

合わせが0.1秒の差でも仕掛けをロストしかねない釣りだ

その後は2陣メンバーも好調にサビレを確保

スマカツオ(アイッパラ)も混じり好調のようだ

※別途 2陣釣行記参照

 

帰りの支度と尽きない話題で風呂に入り任務完了!

お疲れ様でした!

本命も獲り凱旋帰宅だ(^○^)

 

 

◆画像は山ちゃん(山崎氏)に譲ってもらった

「落としダモ」

これが欲しくて9月の来島時にお願いしてた

泳がせの必需品だ

※詳しくは海遠隊のフェイスブック参照

DSC_0088

ちなみに八丈島は12月まで蚊が居る

ハイビスカスは沿道に1年中咲いている

年末年始も過ごしたが水温が気温に近く過ごしやすいのが八丈島

 

 

ココからは自宅にて

早速、獲物を捌いて親戚に振舞う

脂がノリノリ!

赤身の部分はヒレの筋肉

良い身体してますね~

DSC_0095

DSC_0100

奴の口は鯵です

薄皮と伸びる唇

穴だらけなのは勝利の傷跡

DSC_0096

今夜は定番の

八丈島釣りシマアジのお刺身

ムロ酢

八丈キンメダイ煮つけ

ムロ酢茶漬け

DSC_0114

②39762

数日寝かせたサビレはお作りに

DSC_0149

食べるまでが遠征です(^^)v

 

毎年釣るシマアジの胸ヒレは記念のコレクションです

今年は更に大きい

シマアジ好きにはたまらない綺麗なフォルムです

乾燥させて眺めながら焼酎を飲む

DSC_0112

クぅ~~~~たまりません!(^^)!

酒がすすむ君

DSC_0119

ではまた、次回の釣行記をお楽しみに(^_-)-☆

« »

コメントを残す