TEAM海遠隊

佐渡島  大マサ狩 2016/6・4~6

佐渡島  大マサ狩 2016/6・4~6

佐渡 大マサ狩

6/4~6 初の佐渡ヶ島への遠征釣行。

メンバー 紺野(とち) まこっチャン

作成:まこっチャン


1日目!


深夜、海遠隊 副会長とちさんと合流し自車で新潟港へ向け出発。
朝一便目のフェリーにて新潟港より出航、初めてのカーフェリー乗船でテンションが上がる!

image1

まこっチャン

image2

エントランス

image3

展望ルーム

image4

釣り人の荷物も…

船内を探検してる間に2時間半程で佐渡ヶ島両津港へ到着。
乗船時は船後方から下船は前方から。
ハッチが開き船内に光が入り気分はホワイトベースから発進する
『カタパルト装着OK!アムロ、ガンダム行きまーす!』的な感じ!




下船し早速、島の北側を目指し出発。
今迄行った島の中でここはかなり大きく暫く走っていると自車で来ている為になんだか遠征な気分では無くなってくる…
目的地の渡船屋さんまで2時間ほどのドライブ。
街を過ぎ、山を越え、海に出て海岸線をひたすら走る。
ふと気づけば信号が無い!

image5

11時、ようやく小さな港に着き支度を済ませいざ磯へ!

今迄乗った事の無い位コンパクトな和船で出航する事5分。
直ぐに到着し渡礁、移動中船長よりまだトビウオは入って来ていないが最沖の磯で今朝ワラサが15本キャッチされたと聞く。
本命以外も何かしら有ると期待しタックルをセット。
ホンダワラがそこら中に漂っているが…

image6

日本海へいざキャスト!
日本海へいざキャスト!
日本海へいざキャスト!
日本海へ…
キャスト

…

…

。


時刻は午後4時何も出ない。
無念の磯上がり

まぁ、まあ、初日。
場所も目当ての地域からかなり北に来ている。
明日に期待し本日の宿へ向かい40kmの道のりを南下~

1時間位で宿に到着し宿の施設説明を聞いた後近所の地磯ポイントを教えてもらい夕飯の時間まで1時間勝負!


image7

再び日本海へキャスト
日本海へ…
 
あっと言う間にタイムアップ、で夕飯へ。

image8

食堂で宿の店主が挨拶と釣果を聞きに来ましたがここで問題発生!
翌日渡船予定でしたが風が強く渡船出来ないと店主より…。

船が小さく2~3mの風、ちょっとのウネリでも渡船が出せないとの事…

明日の予定していた渡船ができない。
地磯のポイントも1ヶ所しか分からず更にそこは人気ポイント。
いやぁ困った~。

北の渡船はベイト無し、ワラサは出たらしい。
近所の地磯はヒラマサ出たらしいが入磯ルートが分からない。
さぁどうする、、、、。



2日目

色々悩んだ末、情報の無い未知の磯を探して時間をロスするより
トビウオはまだだが北側の渡船で長く釣りを出来る方を選択。

出船は5時との事。
昨日よりは沖側に上がれるという事なので期待度も上がる!
港を出て十数分で到着。


image9

昨日よりは潮の流れも有り雰囲気は良さげ。


早速タックルをセット!
とちさんはベイトタックル、私はスピニング。


image11

トビウオの気配は無いが昨日と違いいつ出てもおかしくない感じだ。
沖側には根が点在している、磯の足元は全体的にオーバーハングしており
磯際まできたら何処でも潜られてしまいそうな地形。
取り込み場所を考慮し2日目

日本海へいざキャスト!

先ずはピンク系のトップから
1投目!
2投目!
3投目!
4投目!
5投目!
6投目!
7投目!


アクションを変え
カラーを変え
ルアーを変え
サイズを変え
レンジを変え
場所を変え
方向を変え
タックルを変え

とちさんは足元をびしょびしょにしながら右側の磯へ


image10

日本海へキャストし続けたが
時刻は午後4時…

無念の磯上がり。

image12

2日目もノーチェイスに終わった。
またまた40kmの道のりを南下して宿に帰還。

タックルを洗ったのち食事前に入浴。
ちょっと熱めのジェットバスに浸かりながら窓の外のマジックアワーの尖閣湾を見て心と身体の疲れが癒される~

2日の夕食(写真は忘れた)
食堂で隣の席に座っている新潟から来られた2人組の方と釣り談義で盛り上がり気がつけば食堂には我々のみ…
時間も遅くなり翌日の作戦会議を終わらせ地磯ポイントを教えてもらい本日はお休みなさい。




最終3日目


3時に起床し準備を済ませ出発!
車で15分位で一つ目のポイントに到着、しかし既に車が3台止まっていたのでこの場所は捨て。
更に車を走らせると昨夜教えてもらった場所での新潟からの2人が準備中、同行をお願いし入磯。
ルートを間違えない様に巨大な岩の割れ目を渡りながら下へ下へ。かなり急斜面で先が見えない…
足元に注意し歩く事約15分、無事到着。
磯極は割と開けて這い上がる様な地形だ、実績の有るポイントだけに気持ちも高ぶる!


image13

開始早々トビウオも確認。
更にテンションが上がり4人で投げる。
暫くすると40~50m先でボイルを発見、デカイ!かなりデカイ!ヒラマサだっ!
射程圏内、テンションmax!
鼻血か出そうなくらいの大興奮!!!
それを目掛けてキャスト!
ドキドキ、巻き巻き、ドキドキ、巻き巻き…
うーーーん当たらん(汗)

もう、いっちょ~
ドキドキ、巻き巻きドキドキ、巻き巻き…

…

ん~残念~


しかし、チャンスはまだ続く!

右側の磯に乗った新潟からの方にはチェイス、惜しくもフッキングまでには行かなかった様子!

いる、居る、今日は居る!
いよいよ今日がXデーだと信じ再びキャスト!

すると副会長とちさんにチェイス!

がこれまたフッキングせず…

その後も帰りの船の乗船に間に合うギリギリまで投げ続けたが魚の気配も無く無念のタイムアップ。
 再び両津港へ


image14

帰りの船は行きより先輩の様だ

image15

船首からの乗船、こんな感じに開くんだ!

image16

image17

2泊3日の佐渡遠征はここで終了です。


image18
image19

カモメと鷹が見送ってくれました。

今回はポイントも何も分からず期待度だけで初めて佐渡ヶ島に渡りまぁまぁ冷静に考えればこの様な結果で当然だったのでしょう(泣)
しかし、実際に行ってみなければ状況も分からないので今回は次回に繋がる良い経験でした。
また来年になると思いますが諦めずにチャレンジしたいと思います!!


image20

因みに
新潟~佐渡~新潟の航路は
国道350号線らしい…

佐渡ヶ島、まだまだ金山の鉱脈が残っているとか…

大マサも金山も…

正に一攫千金の島だ!!
 

 

« »

コメントを残す