TEAM海遠隊

三宅島遠征 まこっチャン覚醒!

三宅島遠征 まこっチャン覚醒!

2016年4月 三宅島遠征

 4/16・17・18

 長若潮

 メンバー:山田・まこっチャン

 

3月の中頃、メンバーのソデさんが三宅島へ

その釣果を見た私達は

予定には無いがまこっチャンと三宅島遠征を緊急計画!

天候が微妙だが まこっチャンの久しぶりの遠征なので気分は上々(^^♪

ニコニコなので~す☆

DSC_0508

しかし、八丈島は行くが 三宅島と御蔵島はスルー?かも、、

DSC_0506

船内では前祝

DSC_0509
今回、まこっチャンは橘丸デビュー戦です

海が荒れる予報だが意外に船は問題ない

S__19873807

最新の携帯カメラ用レンズを装着して試し撮り

やはり空いてる船内は個室のようです心地よい

気持よくなったところでご就寝25:00 そして4:00起床

 

◆1日目

三宅島は錆ヶ浜へ無事着岸

釣友の加藤さんと合流して宿へ

挨拶も終わり早々に釣り場へ

西南西の風で少し被り気味だが安全を確認し竿を出す

釣友の加藤さん川島さんも合流

竹芝から同じく乗船し三宅遠征のイナバさんも同じポイントで合流

4179489545840

天候の影響か釣り人は少なくエースの食いは渋い

20~35のエースが遊んでくれるが45~が狙いなので全てリリース

イサキは夜がメインらしい

風の影響で狙うポイントは厳しく

風を避けて投げる

後から来た島民釣り師が島カゴでサビレ(シマアジ25~35くらい)を1枚!

(^^♪ 居ると解ればこちらの工夫次第です☆

早速、手を変え品を変え攻める攻める

 

来ました~~!

DSC_0513

ウキがポコポコと揺れて す~~~と入る

DSC_0514

まこっチャンも上機嫌です ♪

このサイズのサビレでも十分に引きを味わえる

シマアジの強い引きにまこっチャンも覚醒!

ヒットする度に「これはデカイ!サイズアップだ」と騒ぐまこっチャン

だがサビレは永遠と続く、、、(笑)

 

2人とも竿が固すぎてバラシ多発

シマアジやイサキは合わせ厳禁!

だが、ついつい合わせてしまう

口が裂けて当然です

それでも楽しみながら10枚~捕獲(#^.^#)

S__19791892

他にも美味しそうなゲストが釣れる

DSC_0516

S__19873811

トビウオはこの時期デカイ 塩焼きや天ぷらも旨い!

DSC_0515

カワハギはお土産に

DSC_0520

初日は夕刻まで楽しませてくれました

夜釣りも考えましたが天候と安全を考慮して宿へ

今夜~明日、明後日は天候が悪い情報、、、

 

夜は宿、とほか美で島の料理を堪能する

DSC_0525

明日葉料理を堪能し、亀の手の味噌汁、筍ご飯、トビウオの塩焼き、天ぷら などなど

DSC_0540

DSC_0534

島の旬が盛り沢山~~!

楽しい反省会は続く・・・・

 

◆2日目

ウネリと風で厳しい

風裏のポイントで投げるがエサ取りと愉快な仲間たちのみ

ウネリも増えたので昼で納竿

昼飯は三宅島のラーメン屋さん「とんとん」へ

DSC_0528

凄いボリュームです(>_<)

DSC_0526

その後は買い物と

ふるさとの湯・温泉でのんびりと

DSC_0523

後は宿に戻り反省会は続く・・・・・

 

翌朝は着発(天候不良で船が三宅で折り返すこと)の恐れがあるので

最悪のシナリオを考慮して釣り道具をまとめてスタンバイ

着発ならば早朝に乗船しなければ、、

 

◆3日目

残念ながら着発です(>_<)

離島でのリスクは承知の上

少し遅れた9:00に出港予定

DSC_0542

DSC_0544

もう1日泊まる??

と思案するがそれは無理な相談です

哀愁の まこっチャン

 

今回の遠征はエース狙いでしたが

運よくシマアジの群れに当たりラッキーでした

まこっチャンも最近はヒラマサ狙いがメインなのですが

今回は久しぶりに

カゴ釣りでの仕掛けや釣り方を工夫して

獲物を仕留めると言う経験ができたので大満足でした(^_-)-☆

釣れても釣れなくても

釣りの経験は宝物ですね !(^^)!

 

※経験を活かさないと宝の持ち腐れですよ、、、

DSC_0545

もちろん!

帰路も反省会は続く・・・・・・・

でも、反省が足りないかも、、、、、、

 

 

 

おまけ

シマアジ料理

DSC_0500

DSC_0510

DSC_0504

DSC_0511

DSC_0530

DSC_0537

 

次回、お楽しみに(#^.^#)

 

« »

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください